この素晴らしい世界に祝福を!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆xW69XHZIXl2A 2016/04/18(月) 01:10:00.56 ID:L27n9K0r0
    「それはつわりよ! 最近カズマさんのお腹が大きくなってきたから心配していたのよ! で、誰の子なの? 大丈夫、女神の私が祝福してあげるわ!」

    「カズマ! カズマ! カズマ! 私というものがありながら、一体誰との子ですか!?」

    「この様子だと相手はアクアとめぐみんではないようだな。カズマ、本当に誰との子なんだ?」

     昼過ぎに起きて調子が悪かったので、体調が悪いから今日のクエストは中止だと伝えたら、こいつらが急に騒ぎ出した。
     はぁ? 俺が妊娠? こいつら何を言ってるんだ?

    「お前ら……何を言ってるんだ? 俺は男だぞ。妊娠するはずないだろうが……」

     俺の発言に、アクア、めぐみん、ダクネスの3人は驚いた表情をする。
     え? 俺何かおかしい事言ったか?と驚いていると、アクアがドヤ顔で言った。

    「そういえば、カズマはこの世界の常識を知らないアンポンタンだったわね。しょうがないから、優秀で天才で秀才のこの私が教えてあげるわ」

    「カズマ、妊娠といえば男性がするに決まってるじゃないですか。親に教えて貰わなかったんですか?」

    「ちょっとめぐみん!? 私が説明したかったのに!」

    「はあ?」

     俺は間抜けな声を出した。
     お、男が妊娠?え?はぁ?え?

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460909400

    引用元: ・カズマ「吐き気がして、頭痛、吐き気がする……」アクア「つわりね!」

    【カズマ「吐き気がして、頭痛、吐き気がする……」アクア「つわりね!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2021/01/27(水) 20:13:09.22 ID:rXbElL5e0
    カズマ「それが何だって言うんです?」

    アクア「今私がカズマに抱いてるものよ」

    カズマ「なぜ」

    アクア「私の膝を枕にして寝っ転がってるから」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1611745988

    引用元: ・カズマ「母性?」

    【カズマ「母性?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/12/06(日) 21:13:32.30 ID:yKluyWZYO
    どうも、皆さんこんばんは。
    今更自己紹介をする必要もないかとは思いますが、一応名乗りを上げさせて貰いますね。

    我が名はめぐみん!
    紅魔族随一の爆裂魔法の使い手にして、このすばの正ヒロインにまで昇り詰めた者!

    というわけで、カズマの女です。
    決め手はベロチューでした。
    若気の至りですね。

    とはいえ、何事もやった者勝ちなのでひとまずは結果オーライとしておきましょう。

    さて、そんな私は今、パーティメンバーと暮らしている屋敷のリビングで寛いでます。
    具体的に描写すると、うつ伏せでソファに横になってかなりだらしない姿勢です。

    何故こんなあられもない格好をしているかを説明しますと、爆裂魔法の反動です。
    爆裂魔法はその凄まじい威力と引き換えに膨大な魔力を消費するので毎回こうなります。

    「なんだめぐみん、居たのか」
    「なんだとはなんですか、カズマ」

    そして現在、屋敷には身動きの取れない私とカズマの2人きり。事件の匂いがしますね。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1607256812

    引用元: ・めぐみん「いつも苦労をかけますね」佐藤和真「いいんだよ。仲間なんだから」

    【めぐみん「いつも苦労をかけますね」佐藤和真「いいんだよ。仲間なんだから」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/09/21(月) 04:55:17.786 ID:sQkMz/+Pa
    カズマ「あん? なんだって?」

    アクア「だーかーらー! もう2倍もハマってる!」

    カズマ「おう、頑張れよ」

    アクア「違うわよ! 応援が欲しいんじゃないの!」

    カズマ「じゃあなんだよ」

    アクア「この店インチキしてるわよ!」

    カズマ「証拠は?」

    アクア「女神であるこの私がこんなに当たらないわけないじゃない!」

    カズマ「あっそ」

    アクア「あっそって! 付いてきて! 店長に文句言うから付いてきて!」

    カズマ「よくあることだろ? 行くなら勝手に行ってこいよ」

    アクア「う~~~! カズマ!」

    カズマ「うるさいな、俺はいかないぞ」

    アクア「一万エリス貸してください!」

    カズマ「……はぁぁぁ」

    引用元: ・アクア「ちょっと! この台全然当たらないんですけど!? いんちきよ!!」

    【アクア「ちょっと! この台全然当たらないんですけど!? いんちきよ!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/06/17(水) 21:31:46.93 ID:X5ggoiQ40
    このすば17巻までの内容を含みます


    「アクア様がいなくなってる…!?」

    「そうなんだよ、気づいたらいなくてさ」

    「…別に奴が1人で勝手にいなくなるのはいつものことだろう?勢揃いで店に押し寄せるほどのことではあるまい」

    「いつもどこかにいく時は私たちに一言入れるように言ってありますし、今までちゃんとそれを守ってきてたのですが、今回、私たちには何も言わずにいなくなってしまったのです」

    「それで少し心配になって街中を探してみたのだが見当たらなくてな…バニルとウィズにもどこにいるか聞いておきたくてこうして3人できた」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1592397106

    引用元: ・アクア「ひとりぼっち」

    【アクア「ひとりぼっち」】の続きを読む

    このページのトップヘ