ひなビタ♪

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2016/11/16(水) 22:03:18.71 ID:0KFsvccSo
    ◆ひなビタ♪SSです
    ◆倉野川手帳を見てると倉野川は駅と商店街が近くていいなあって思う

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479301398

    引用元: ・夏陽「ここな、はんざきって何?」心菜「オオサンショウウオ」

    【夏陽「ここな、はんざきって何?」心菜「オオサンショウウオ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2016/11/02(水) 23:06:14.67 ID:XRqfxEA1o
    ◆ひなビタ♪SSです
    ◆11月12日から「くらよし応援プロジェクト」が行われますよ

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478095574

    引用元: ・まり花「色々なまりりん!」

    【まり花「色々なまりりん!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2016/09/28(水) 18:32:30.64 ID:tZz1LPe6o
    ・他所に投下したものをSS調に整えています
    ・地の文メインです
    ・さきりん

    ―――――

     窓から射し込む光に目を細める。ふと顔を上げれば、店の外は橙色に染まっていた。
    たった今読み終えた文庫本のどのページに栞を挟めばいいか迷って、私は自分が疲れていることに気が付いた。
    きまりの悪さを繕うように手に取ったコーヒーカップの底では小さな雫が茶渋の上を滑っている。
     少し名残惜しいけれど、私がここにいる理由はもう無いようだった。

    「おかわりはいかがですか、りんちゃん」

     椅子から腰を浮かせようとして、聞き慣れた声に引き止められた。
    コーヒーサーバーを持って微笑むメイド姿の少女はこの純喫茶の看板娘で、名前を春日咲子という。
    もう一度窓の外を見やる。文字通りの『斜陽の街』であるこの景色を眺めながら二杯目の珈琲を嗜むのは魅力的な提案だった。

    「そうね……お願いするわ、喫茶店」

     喫茶店、と呼ばれた彼女は名前の通りの咲くような笑顔で、はいっ、と応えて、サーバーを持ったまま早足で私の席までやってくる。
    恭しい所作でカップに注がれる黒い液体は香りと湯気をふわりと立てて、コポコポと響く水音が場を支配する。

     客足の無い店内には他に目立った音は無く、また私達の間にも会話はほとんど無かった。
    けれど、この雑音と言葉の無い時間は私にとって好ましいものだった。そしておそらく、彼女にとっても。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1475055150

    引用元: ・【ひなビタ♪】霜月凛「やまびこ」

    【【ひなビタ♪】霜月凛「やまびこ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2016/09/20(火) 21:29:40.81 ID:LNzCj1Lfo
    ◆ひなビタ♪SSです
    ◆こんなですが一応まり花ちゃんお誕生日おめでとうSSです

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1474374580

    引用元: ・一舞「誰あんた」凛「りんですわ」

    【一舞「誰あんた」凛「りんですわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2016/08/19(金) 22:09:31.88 ID:CGkfzPUgo
    ◆ひなビタ♪SSです
    ◆8/10からQMAとひなビタがコラボしていますよ

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1471612171

    引用元: ・凛「とあるひなビタ的一日」

    【凛「とあるひなビタ的一日」】の続きを読む

    このページのトップヘ