ぼくたちは勉強ができない

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    312: 名無しさん 2019/09/04(水) 23:47:23 ID:x0BKGJhc
    真冬 「知ってるわ。うちの学校にもパンフレットとポスターが来ていたもの」

    美春 「洽覧深識。さすが姉さまです!」

    美春 「と、いうことで、関係者席のチケットを用意しました! 見に来てくれますよね、姉さま」

    真冬 「ありがとう、美春。でも、予定が空いているかどうか確認しないと……」

    美春 「……え?」 ブワッ 「ま、まさか、姉さま、来てくれないなんてことは……」

    真冬 「………………」

    真冬 「……わかったわ。行くわ。多分仕事もないでしょうから」

    美春 「姉さま!」 パァアアアアアア……!!! 「とっても嬉しいです!」

    真冬 「まったく……」 クスッ (……もう大学生だというのに、無邪気に笑って)

    真冬 (この子には敵わないわね……)

    真冬 「それにしても、さすがね、美春」

    真冬 「まだエリジブルだというのに、もう本格的なアイスショーに、それも主役で出演だなんて」

    美春 「いえいえ、私なんて姉さまの全盛期に比べればまだまだです」

    美春 「もっともっと練習して、技術を磨かなければなりません!」


    引用元: ・【ぼく勉】 文乃 「今週末、天体観測に行くんだよ」

    【【ぼく勉】 美春 「今週末、アイスショーがあるんです」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    282: 名無しさん 2019/09/04(水) 22:54:21 ID:x0BKGJhc
    うるか 「発表会? なにそれ?」

    理珠 「あっ、ひょっとして例の、化学部で参加するという発表会ですか?」

    紗和子 「さすがは我が親友、緒方理珠ね! その通りよ!」


    ―――― 『15時間効果を維持する超強力接着剤よ!』

    ―――― 『え…… だって 今度化学部が発明品を発表会に出展するじゃない?』

    ―――― 『当然OGとして試作品のひとつでも作りたいじゃない?』


    成幸 「ああ、あのときの……」


    ―――― 『何故全部脱いでいるのですか関城さん!?』

    ―――― 『え? 脱がなきゃ服が濡れちゃうじゃない こっち見ないでよ唯我成幸』

    ―――― 『お…… 緒方……!? ちょ……ッ』

    ―――― ((寝れる…… わけあるかこんなん!!!))


    成幸 (あのときのか……///)

    文乃 (……その反応、また何かあったんだね、成幸くん) キリキリキリ……


    引用元: ・【ぼく勉】 文乃 「今週末、天体観測に行くんだよ」

    【【ぼく勉】 紗和子 「今週末は発表会の予定なのよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    248: 名無しさん 2019/09/04(水) 22:30:03 ID:x0BKGJhc
    ………………一ノ瀬学園

    成幸 「ふぁ……ぁあ……」

    文乃 「? 成幸くん、すごいあくびだね。昨日夜遅くまで勉強でもしてたの?」

    成幸 「あー……」

    成幸 「……うん、まぁそんなとこかな」

    文乃 「ふふ、仕方ないなぁ。でも次の授業は桐須先生だよ」

    文乃 「居眠りなんかしたら大目玉だよ。気をつけてね」

    成幸 「わ、わかってるよ。ビビらせるなよ……」

    文乃 「ふふふ、ごめんごめん」

    文乃 (……まったく。夜更かししちゃうなんて、仕方ないなぁ)

    文乃 (もし成幸くんが居眠りしちゃったら、お姉ちゃんが起こしてあげるとしようかな)

    文乃 (手のかかる弟だよ、まったく……)






    引用元: ・【ぼく勉】 文乃 「今週末、天体観測に行くんだよ」

    【【ぼく勉】 成幸 「桐須先生の補習に出たら週末に海原が家に来ることになった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    191: 名無しさん 2019/05/30(木) 02:24:28 ID:cxG0DenQ
    うるか 「ほへー、みずきんと?」

    成幸 「ああ、買い物に付き合ってほしいらしいんだ」

    成幸 「勉強もあるけど、最近あんまりあいつに構えてないしな」

    成幸 「ま、たまの家族サービスかな」

    理珠 「サラリーマンみたいなことを言いますね……」

    文乃 (ふふ、成幸くん、微笑ましいなぁ。パパみたい)

    ハッ

    文乃 (……ん? 今週末?)

    ペラッ……ペラッ……

    文乃 「………………」

    文乃 「……えっと、成幸くん、あの、水を差すようで悪いんだけど、」

    成幸 「ん? どうした、古橋?」

    文乃 「今週末、わたしの新しい問題集選びに付き合ってくれる約束をしていたような……」

    成幸 「え……?」

    引用元: ・【ぼく勉】 文乃 「今週末、天体観測に行くんだよ」

    【【ぼく勉】 成幸 「今週末は、水希と出かける約束なんだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    156: 名無しさん 2019/05/29(水) 22:53:37 ID:AmFXmFmY
    成幸 「あ、はい、分かりました。何時に伺えばいいですか?」

    真冬 「……?」 ジトッ 「……君は、私のことを何だと思っているのかしら」

    成幸 「へ?」

    真冬 「私は教員よ? これ以上、生徒に家事の手伝いをさせるわけにはいかないわ」

    真冬 「当然、やるのは私ひとりで、よ。私の部屋なのだから当たり前ね」

    成幸 「はぁ……? まぁ、自分で掃除するのはいいことだと思いますけど……」

    成幸 「なぜそれを俺に……?」

    真冬 「これは私なりの、あなたに甘えることへの決別の決意表明なの」

    真冬 「あなたに宣言することで、これ以上あなたに甘えることがないように自分を戒めるのよ」

    真冬 「……と、いうことで」

    真冬 「覚悟しておきなさい、唯我くん。私はもう、きみに惨めな姿をさらすことはないのよ」

    成幸 (何を覚悟しろというんだろう……?)

    真冬 「今度、きれいになった部屋にご招待して差し上げるわ」

    成幸 (あ、掃除の手伝い抜きで家に伺うのはありなんだ……)

    引用元: ・【ぼく勉】 文乃 「今週末、天体観測に行くんだよ」

    【【ぼく勉】 真冬 「今週末、家を徹底的に掃除しようと思うの」】の続きを読む

    このページのトップヘ