1: 名無しさん 2018/08/21(火) 19:56:21.43 ID:OFFv5oHX0
データルーム

カリーナ(4-3EをS撃破,4-3EをS撃破4-3E,4-3EをS撃破,4-3EをS撃破,4-3Eを補給忘れのため撤退,4-3EをS撃破,4-3EをS撃破)

カリーナ(私は)

どこかで扉が開く音が聞こえる.

指揮官「カリーナすまないが,追加の作戦報告書を頼む」ドンッ

カリーナ「.......はい,指揮官様」

指揮官「この作戦報告書は,カリーナにしかできないんだ.いつも感謝しているよ」

指揮官様が申し訳なさそう顔をした.

カリーナ「あ,いえいえ,全然平気です.ただ」

言葉が続かない.指揮官様の目の縁に隈ができていることに気づいたからだ.

指揮官様が昼夜問わず出撃されていることは,私が一番よく知っている.

カリーナ「なんでもありません」

ただ笑った.苦難を共有する喜びが,不満を押し込めてしまったのだ.

引用元: ・ドールズフロントライン 指揮官と4-3Eと

【ドールズフロントライン 指揮官と4-3Eと】の続きを読む