アニメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2021/04/03(土) 15:15:54.973 ID:ZkDtGg6w0 BE:874965916-2BP(1000)
    === 学校の帰り道 ===

    レイ「...」スタスタ

    シンジ「(あ、あそこにいるのは)おーい綾波ー!ネルフまで一緒に行かないー?」

    レイ「...」スタスタ 

    シンジ「綾波ー?」

    レイ「...」スタスタ


    シンジ「無視しなくても...いいじゃん...」ショボーン


    レイ(イヤホンで音声リピート再生)
    「ワラエバイイトオモウヨ、ワラエバイイトオモウヨ、ワラエバイイトオモウヨ、ワラエバイイトオモウヨ、」

    レイ(碇君///)


    === ネルフ本部 エレベーター ===

    シンジ(僕、綾波に何か悪いことしたかな...)


    ゲンドウ「...」扉ウィーン

    シンジ「あっ父さん!前一緒にいるところ見たけど綾波とはどんな関係なのさ!」

    ゲンドウ「......」

    シンジ「...」

    シンジ「父さん!」

    ゲンドウ「...」

    ゲンドウ「...シンジィ!!!!!」

    シンジ(ビクッ!!!)

    ゲンドウ「よくやっーーー」扉プシュン

    シンジ(怒鳴った?やっぱり僕はいらない子なんだ...)

    シンジ「...」ウツムキ

    引用元: ・シンジ「僕が女の子だったらみんな優しくしてくれるのかな...」

    【シンジ「僕が女の子だったらみんな優しくしてくれるのかな...」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    347: 名無しさん 2010/11/28(日) 15:19:40.87 ID:cz0sIMeu0
    シンジ「(なんかあっさり勝てちゃったな…
         あのカブトガニ、もっと強かったような気がしたけど。
         鞭もATフィールドで防げちゃったし。
         前はATフィールドごと機体貫通されちゃったのに。
         シンクロ率高いとATフィールドの強度も上がるのかな。
         "前"のこの時と比べると、今はシンクロ率倍近く高いしね。
         ああ、そういえばあの時トウジとケンスケ乗せてたんだっけ…
         ……トウジ…ケンスケ…
         この頃から二人と仲良くなったんだよな…
         それからしばらくは色々あっても結構楽しくやっていた気がする。
         アスカも…アスカとは最初からずっとケンカばっかりだったけど
         そんなに険悪なものじゃなかった。
         トウジ…ケンスケ…アスカ……どこでおかしくなったんだろう…
         やっぱり参号機…?あれにトウジが選ばれて……
         足…トウジの足……僕が…………
         ……また死にたくなってきた)」

    引用元: ・冬月「今なら俺も初号機に乗れそうな気がする」

    【冬月「今なら俺も初号機に乗れそうな気がする」第7話~最終話】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    153: 名無しさん 2010/11/27(土) 14:52:48.27 ID:tfpzce5V0
    ・・・・・・<シンジの部屋>・・・・・・

    シンジ「(…昨日は疲れたな…。
         綾波が妹だったなんてね。
         あの場では流されるまま感動のシーンを演じちゃったけど
         正直、大した感慨が湧かないんだよね。
         綾波はえらく感激してたな。あの綾波が…。
         あの後しきりに意味も無く"お兄ちゃん"連呼してくるし。
         でも、なんかどうでもいいんだよねホントもう。
         なんでだろ、前の世界で綾波が死んだ時はあんなに悲しかったのに。
         どうしてこうなったんだろう、僕は。いつからこうなったんだろう。
         綾波が死んだ時…?
         水槽の綾波が崩れていくのを見た時…?
         壊れたアスカを見た時…?
         カヲルくんを殺した時…?
         ……カヲルくん。
         会いたいなカヲルくんに。
         カヲルくん、今の僕を見たらなんて言うかな…。
         こんな僕でもガラスのように繊細って言ってくれる?
         カヲルくん……
         …またあの時と同じことになったら…
         今度は僕がカヲルくんに殺してもらおう…)」

    引用元: ・冬月「今なら俺も初号機に乗れそうな気がする」

    【冬月「今なら俺も初号機に乗れそうな気がする」第5話~第6話】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    61: 名無しさん 2010/11/27(土) 10:46:20.48 ID:VhZALI9D0
    ミサト「週二日ァ!?」

    リツ子「そ。それがシンジくんがサードチルドレンになる為に出した条件」

    ミサト「ふっっっざけんじゃないわよ!
        ドイツのアスカなんてもう10年も訓練してるのよ!
        昨日今日やってきたばかりのシンジくんなんていくら時間があっても足りないってのに!」

    リツ子「私に怒鳴られてもどうしようもできないわ。
        副司令の決定よ」

    ミサト「…ちょっち文句言ってやんないと気が済まないわコレ」

    リツ子「およしなさいな。
        あなた、先の戦闘での失態を責められたばかりでしょう。
        シンジくんのことより自分のことを考えなさい。
        (何にせよシンジくんのことはあなたの手に余る問題だもの)」

    引用元: ・冬月「今なら俺も初号機に乗れそうな気がする」

    【冬月「今なら俺も初号機に乗れそうな気がする」第3話~第4話】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2010/11/27(土) 10:03:56.50 ID:VhZALI9D0
    ミサト「ごめーん!お待たせ!」

    シンジ「……」

    ミサト「乗って!早く!!」

    シンジ「はあ」

    ミサト「飛ばすわよ!しっかりシートベルト締めて!」

    シンジ「……」

    引用元: ・冬月「今なら俺も初号機に乗れそうな気がする」

    【冬月「今なら俺も初号機に乗れそうな気がする」第1話~第2話】の続きを読む

    このページのトップヘ