ジャンプコミックス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/18(火) 18:58:07.36 ID:m5oRS23f0
    扉間「行ったか・・・。」

    大蛇丸「サスケ君のあの目、輪廻眼ね・・・。」

    扉間「そうか、六道仙人が力を与えたのか・・・、ならば・・・。」

    大蛇丸「あら、どうするつもりですか、二代目様。」

    扉間「わしも行く。が、その前にカブトとかいうやつ!」

    カブト「何だい?」

    扉間「お前の仙術チャクラをわしによこせ。」

    カブト「別にいいですけど・・・。」





    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439891886


    【扉間「穢土転生の真の力、見せてやろう。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ※前作 

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/28(金) 13:58:28.48 ID:6s8KNrAJ0
    恵「…え?」

    創真「おさげがかわいい」

    恵「えっと、私に言ってるの?」

    創真「たまに方言が出るのがかわいい」

    恵「えぇ!?さ、さっきからどうしたの創真くん」

    創真「優しい性格で誰に対しても弱腰なのがかわいい」

    恵「…そ、そうまくん……だよね?」

    創真「わてると少し失敗しちゃうのがかわいい」

    恵「そ、それは言わないで」

    創真「緊張するとあわわわわって言っちゃうのがかわいい」

    恵「そ!そんなこと言って!」

    創真「ないの?」

    恵「…//」




    【幸平創真「かわいい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆l9FYay8wGo 2015/08/31(月) 01:02:59.54 ID:qmLgsnSBO
    no title

    参考画像




    ホープレイ「…………」

    ホープレイV「…………」

    ホープレイヴィクトリー「………」

    ホープONE「………」

    ホープルーツ「………」

    ビヨンド・ザ・ホープ「…………」

    ホープドラグーン「………」

    ホープ・ザ・ライトニング「……」

    未来皇ホープ「………」

    ホープゼアル「………」



    ホープ「いやいや……増えすぎだろ」





    【希望皇ホープ「……増え過ぎだろ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/30(日) 17:43:05.36 ID:CN/6qex60
    薙切えりなの場合

    えりな「ひっく…ゆきいらくんねぇ…きいはあんで遠月にきたんでしゅか?//」

    創真「…おい、大丈夫かよ」

    えりな「いいかあこらえなさい!!!//」

    創真「いや、親父にそこに行けって言われたから」

    えりな「ぁぁあ?いけっいわえたら言っちゃうの?//」

    創真(こいつめんどくせぇ)

    えりな「いいれすかゆきいらくん、君はたらでさえへんううしきでやあかしたのよ?//」

    創真「…」

    えりな「そえで来たりううは言われたかあってwwwwwwww!//」

    創真(呂律回ってねぇよこいつ)

    えりな「しかもきみごろきがwwwwwwwwww//」

    創真「…」




    【幸平創真「酔っ払い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/29(土) 18:19:01.26 ID:Y/Sdd9SpO
    ビュティは乳房の小ささがコンプレックスである。

    14歳の少女の平均的な大きさと比較すると明らかに控えめである。小さな山があるくらいだ。
    夜のホテルの銭湯の服置き場で、鏡を眺めながらビュティは溜息をついた。小さい。明らかに、小さい。どうしようもないので、「早く大きくなれ!」と念じながら、指先で捏ねくりまわしてみたりした。

    ぷにぷに。ぷにぷに。
    大きくは、ならない。溜息がまた一つ増える。その様子を、衣服を脱ぎながら、スズが訝しげに眺めていた。
    「どうかしましたか?ビュティさん」
    「あ、スズさん!」
    すっかり存在を忘れていたようで、ビュティは赤面しながら、服で乳房を隠し、スズに振り返る。
    「えへへ、違うんです。ちょっとこれは・・・」
    ビュティはスズの乳房を眺めた。デカい。18歳の乳房は、デカい。肌も
    もちもちと柔らかく透き通り、乳輪も少し大きめ。鮮やかなピンクだ。
    ビュティは思わず羨ましげに、よだれを垂らして凝視してしまった。



    【ビュティ「おっぱいマッサージ?」】の続きを読む

    このページのトップヘ