SS

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆DtyewqsIqtbm 2016/01/06(水) 22:03:03.40 ID:BRXOdj5L0
    けいおん! SSですよ。

    それではレッツゴーです。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452085383

    引用元: ・梓「目薬さし系女子にムラムラっ! です」

    【梓「目薬さし系女子にムラムラっ! です」】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2021/08/31(火) 06:11:27.614 ID:SjwlzPxB0
    グラスワンダー「……ふぅ」
    サイレンススズカ「ブルブル」

    引用元: ・グラスワンダー「(´~`)モグモグ」血塗れのダスカ「……」

    【グラスワンダー「(´~`)モグモグ」血塗れのダスカ「……」】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2021/08/23(月) 23:17:06.02 ID:iPMA7ilzO
    「なあ、セイバー」
    「ん? どうかしたか、奏者」
    「いま着ている、その服のデザインはセイバーが考えたものなのか?」
    「うむ! 余の魅力を存分に引き出す、素晴らしいデザインであろう?」

    セイバーが着ている赤い服は、たしかに彼女の魅力を存分に引き出すものであり、その高貴さと奔放さを示すように大胆なデザインとなっており、少々目のやり場に困る。

    「どうだ、奏者よ。似合っているか?」
    「うん。たしかにとても似合っている」
    「うむうむ! そうであろう、そうであろう! であるならば、もっと余を褒め称えよ!」

    己がマスターのことを奏者と呼ぶこのサーヴァントは、英霊として世界に召し上げられる前に某君として君臨していた古代の皇帝。
    その真名は、ネロ・クラウディアス。
    悪名高き、古代ローマ帝国、皇帝ネロだ。

    「すごくよく似合っている」
    「うむ! では、具体的にはこの衣装のどの部位が魅力的であると奏者は捉える?」

    褒め称えると、より詳細に追及された。
    顎に手をやって、しばし熟考する。
    皇帝の威を示す、格調の高さ。
    基本的には軍服なのだろうが、露出が多い。
    下着という概念が彼女にはないようだ。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1629728226

    引用元: ・ネロ・クラウディウス「余は……少し席を外したい」岸波白野「うんこか?」

    【ネロ・クラウディウス「余は……少し席を外したい」岸波白野「うんこか?」】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2021/09/01(水) 22:01:18.78 ID:bk/kSGolO
    「全員、揃ったな?」

    召集に応じた部下達を一瞥して、内務省直属の攻性公安警察組織、通称『9課』の長たる荒巻大輔は単刀直入に下命した。

    「お前たちを呼んだのは他でもない。現在世間で話題になっている電脳技術を応用した世界初のVRMMORPG、【ソード・アート・オンライン】に潜入し、その安全性を調査して貰うためだ」

    公安9課はほぼ全員が全身義体化済みの電脳戦におけるエキスパート集団である。
    そんなプロフェッショナルたちをわざわざ呼びつけて何を命令するかと思えば、子供のおもちゃを調査せよとは、9課の中でも頭に血が上りやすいバトーが黙っていない。

    「おいおい、じいさんよ。とうとう耄碌しちまったか? この俺様を呼びつけてガキが遊ぶようなおもちゃの調査をしろとはよく言えたもんだな。悪いが、そいつは俺の仕事じゃない。今回ばかりは降りさせて貰う」
    「あら、それは残念ね。自分の感性が現代に通じないと知るのが怖いのかしら?」
    「なんだと?」

    売り言葉を買ったのは隊長である草薙素子。
    頭2つ分はあるであろう身長差を物ともせずに、憤慨するバトーに挑発を続ける。

    「あなた、自分が『古い人間』だって証明されることが怖いんでしょう?」
    「いつ、誰がそんなことを言った?」
    「言わなくても顔に書いてあるわよ」

    そう言われて思わず自らの仏頂面を触って確かめてしまった時点でバトーの負けであり、荒巻は部下の口喧嘩に構わず話を進めた。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1630501278

    引用元: ・バトー「茅場? 誰だ、そいつは」 草薙素子「バトー、あなた知らないの?」

    【バトー「茅場? 誰だ、そいつは」 草薙素子「バトー、あなた知らないの?」】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 暗黒史作者 ◆FPyFXa6O.Q 2021/09/03(金) 01:12:25.05 ID:K+qP40WI0
    端的に言って、今回は自己満作品です。

    何て言えばいいのかなぁ

    映画は素晴らしかったです。楽しませていただきました。

    二次書きの端くれが、やりたい事は多分解る心算、
    これ折衷出来ないかなぁなんぞと不遜僭越の極みを
    ぼんやり考えあぐねて書き殴った、
    娯楽の最低ラインにも怪しいヘビのアシもどき
    何番煎じか既に灰になってそう
    、なんて代物にぶち当たるかも知れない小路がこちら。
    看板をご確認の上、気が向いたらお立ち寄り下さい。

    改めまして。

    本作品は映画・小説「竜とそばかすの姫」の二次創作です。
    しかも、その一部分からの妄想ぶっ飛ばしですので、
    最初から元ネタ見てる前提です。

    それでは投下、スタートです。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1630599144

    引用元: ・ヒロ「一人で?」(「竜とそばかすの姫」二次)

    【ヒロ「一人で?」(「竜とそばかすの姫」二次)】の続きを読む

    このページのトップヘ