SS

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    627: ◆/4adlfiarI 2022/05/21(土) 17:14:05.15 ID:G6JDJff3O

    「天王寺トレーナー、お話が」

    授業終わりの私を、三田村嬢が呼び止めた。確か、この前のカレンとの話し合いは上手く行ったとは聞いていたが……

    「カレンの件ですね」

    彼女は少し辺りを気にすると、小声で告げた。

    「天王寺トレーナーのトレーナー室で。カレンチャンも交えて話した方が良さそうです」

    すぐに部屋に戻り、カレンに声をかける。話の内容を知っているからなのか、「ああ、あの件」と言ってきた。

    「あの件?」

    「うん、すぐに分かるよ。でも、カレンも詳しくは知らないの」

    ノックの音がして、三田村嬢を招き入れる。コーヒーメーカーのスイッチを入れ、休憩用のソファーに座らせた。

    「で、何かお考えが」

    「はい。『ラビット』を使うことにします」

    「ラビット?」

    三田村嬢が頷いた。

    「はい。カレンチャンの脚を2400まで保たせるには、スローペースが不可欠です。それも、超スロー。
    そして、それを作り出し、かつブリュスクマンに気付かれないようにさせるには、ペースを作る『ラビット』が必要なんです」

    なるほど、一理はある。しかし、そこには重大な問題がある。

    「マラソンで使われる手法ですね。だが、それは自分が負けることを前提に動かないといけない。何より、そういう絶妙なペースの逃げを打てるウマ娘なんてそうそう……」

    「一人、心当たりがいます。これから彼女に交渉に行こうかと」

    「誰ですか」

    「……セイウンスカイです」

    ※コンマ下
    5の倍数 三田村トレーナーが担当
    それ以外 男性トレーナーが担当
    ゾロ目 ???
    55 ??????

    引用元: ・【コンマ】ウマ娘とトレーナーがラーメンを食べに行くだけのスレ

    【【コンマ】ウマ娘とトレーナーがラーメンを食べに行くだけのスレ 第13R 高円寺「健太」】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    555: ◆/4adlfiarI 2022/04/23(土) 20:16:50.21 ID:E72VjbcHO


    「えっ?カレンが中距離を?冗談でしょ、お兄ちゃん」

    翌日、カレンにブリュスクマンの話をすると引きつった顔で返された。

    「冗談じゃない。私も考えに考えた結果だ」

    「でも、カレンは1400までしか走れないよ?マイルだとすぐバテちゃうし。
    そもそも、キタちゃんとかじゃダメなの?同じ中等部1年だし」

    「ブリュスクマンという子は、相当な猛者らしい。今年のダービーはもう決まりだと言われてる。何なら凱旋門賞も。
    だから、一芸に秀でたタイプのウマ娘が、奇襲をかけて勝つしかない。瞬間の加速力ならお前は誰にも負けない。
    中等部1年の時、去年卒業したあの『史上最強スプリンター』にも勝ってみせたじゃないか」

    「あれはたまたまだし……それに、2400を走るなんて絶対に無理だよ」

    カレンは困惑を隠せない様子だ。それはとてもよく分かる。だが、これが最適解である予感はあった。
    私の速筋中心の瞬発力トレーニングに、誰かの持久力トレーニングを組み合わせれば……スプリンターも2000程度なら走れる可能性がある。

    前例はある。かつて、私は一人のウマ娘を育て上げたことがある。私がトレーナーになりたての頃に担当した娘だ。
    今は主婦となって一般人として生きていると聞くが、その栄光はいまだ色褪せない。


    史上唯一、天皇賞春とスプリンターズステークスの両方を制したウマ娘。その名は……


    01~85 何もなし
    86~95 あっ、知ってます!
    96~00 電話がかかってくる(オリキャラ登場注意)

    引用元: ・【コンマ】ウマ娘とトレーナーがラーメンを食べに行くだけのスレ

    【【コンマ】ウマ娘とトレーナーがラーメンを食べに行くだけのスレ 第12R 「神田とりそば なな蓮」】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    501: ◆/4adlfiarI 2022/04/10(日) 21:23:56.92 ID:XKG7bTshO

    4月1日は毎年緊張する。新年度の始まりは、新たなウマ娘とトレーナーとの出会いの時でもあるからだ。


    「静粛っ!!」


    ホールに秋川理事長の声が響く。ざわついていた空気が、一気に引き締まった。

    普通の中学校に先駆けて行われる入学式には、約30人のウマ娘が顔を揃えた。この中で最後まで残るのは、どれほどだろう。
    できるだけ多くのウマ娘を、挫折させることなく残す。それが我々の使命だ。
    その中には、キタサンブラックの姿も見える。入学式が終わった後に、彼女が私の所に挨拶に来るとバクシンオーは言っていた。

    ふと、私の席の隣を見る。そこは空席になっていた。


    芹沢達也は、まだ私の前に姿を現していない。


    「どうしたんですか」

    後ろから三田村嬢が小声で訊いた。

    「いや……気にするほどのことじゃない」

    落ち着きのなさを悟られたのだろうか。そう、今年の入学式の緊張感は、例年の比ではない。芹沢さんが着任の際に何を言うか、それが気掛かりで仕方なかったのだ。

    視線を舞台の上に移す。秋川理事長がウマ娘としての心構えを小柄な身体を一杯に使って熱心に説いていた。
    そのユーモラスな姿に、新入生から少し笑いも漏れる。張り詰めた空気が、やや和らいだその時だ。

    「ではこれより、新任のトレーナーを紹介するっ!!」

    秋川理事長が扇子を閉じ、舞台袖を指す。そして、10年前と同じスキンヘッドの芹沢さんが静かに壇上に現れた。

    >>70以上で追加キャラ登場

    引用元: ・【コンマ】ウマ娘とトレーナーがラーメンを食べに行くだけのスレ

    【【コンマ】ウマ娘とトレーナーがラーメンを食べに行くだけのスレ 第11R「インディアン」】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ※閲覧注意です

    引用元: ・まる子の母「夏休みだし、まる子には水だけ与えて生活させましょう」

    【【閲覧注意】まる子の母「夏休みだし、まる子には水だけ与えて生活させましょう」】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2022/06/09(木) 11:49:13.650 ID:CnTG+boA0
    魅音「まかせて圭ちゃん!」ヌッチュヌッチュ

    圭一「すげぇ乳圧なのに苦しくない! 寧ろ温かく、そして柔らかく、俺の魔羅を愛撫してくれている……!」

    圭一「ンギモチイイイイイイイイ!」ドピュルルルルルルルル

    引用元: ・圭一「みんながパイズリしてくれないとL5を発症しそう!!」

    【圭一「みんながパイズリしてくれないとL5を発症しそう!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ