とある科学の禁書目録

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    595: ◆oDLutFYnAI 2010/05/06(木) 20:52:19.15 ID:wx03sx.o
    佐天「頭が勝手にって……科学の街で、しかも第一位がそんな論理もへったくれもないこと言っていいんですか?」

    一方「まずテメェが規格外だろォが。なンだ能力二つってよ。科学者からすりゃ喉から手が出る程欲しいンじゃねェか?」

    佐天「そっ、それは検体としてなんやかんやされちゃうってことですか!?えっち!」

    一方「うっせェ[ピーーー]」

    plllllllplllllllll

    佐天「ん、失礼」

    佐天「もしもしー?」

    土御門『おう、今どこにいるんだにゃー?』

    佐天「今ですか?○学区の公園ですけど」

    土御門『なら合流するより直接向かって貰った方が早いかにゃー』

    佐天「……それはつまり、オリアナの位置が特定できたと?」

    土御門『位置っつーよりも使徒十字の発動場所だけどにゃー。23学区。十中八九間違いないぜい』

    佐天「……23学区?全然聞きませんね」

    土御門『学区全部を丸ごと航空・宇宙開発にあてている場所だぜい。ここでなら他の場所と違って遮蔽物も何もなく、
         使徒十字を使うにはもってこいな場所ってわけですたい』

    引用元: ・佐天「聞かせてくれよ……お前の絶命の叫びでな!」

    【佐天「聞かせてくれよ……お前の絶命の叫びでな!」(後編)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆oDLutFYnAI 2010/04/21(水) 23:35:32.89 ID:l.DWc3ko
    佐天「とかどうかな、決め台詞」

    初春「ないと思います」

    白井「ないですわね」

    御坂「(えっ、かっこいいと思うんだけど)」

    佐天「えー……」


    佐天さんが第四波動つかって学園都市をえっちらおっちらする話2スレ目やんす。
    正確には4スレ目だがな!
    過去スレ
    佐天「第四……波動……か」
    http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1269347552/
    佐天「ストリームディストーション!」
    http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1269615022/
    佐天「第四……波動……か」←制作。前スレ
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1269670249/

    引用元: ・佐天「聞かせてくれよ……お前の絶命の叫びでな!」

    【佐天「聞かせてくれよ……お前の絶命の叫びでな!」(前編)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    531: ◆oDLutFYnAI 2010/04/11(日) 20:34:07.83 ID:Pbakb2oo
    入院中はとても暇なものになると思っていたけれど、妹さんがいてくれたおかげでそれなりに楽しかった。
    初春は毎日お見舞いに来てくれるし(とてもいい奴だ。さすが親友)、その日のノートをコピーして貸してくれた。

    「佐天さんは成績悪いんですから、新学期早々こけてちゃ駄目ですよ」

    「なにをぅ。夏休みの宿題を手伝ってあげたのは誰だったか忘れたかこのーっ」

    と、毎日じゃれあっている。そのたび初春の息が荒くなっているけれど、あまりに体力なさすぎじゃないでしょうか。
    ちなみに、宿題は初春が代わりに出してくれた。初春サマさまだ。
    暇なときは勉強して、妹さんと話し、初春と遊んで。
    入院生活中なのに、とくに不自由もなかった。

    引用元: ・佐天「第四……波動……か」

    【佐天「第四……波動……か」(後編)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/03/27(土) 15:10:49.93 ID:4zoyMMAO
    初春「佐天さんって本当どうしようもないですよね」

    佐天「えっ」

    初春「何もできないくせに口ばけ達者で」

    佐天「ちょ、初春いきなり何を……」

    初春「知ってますか?この世の中には無能力者でも超能力者を倒す人だっているんですよ?」

    佐天「え、あ……」
                                ニードレス
    初春「それに比べて佐天さんは……本当っ、要らない子ですよね」

    佐天「う……」

    佐天「うわーん!!!初春の馬鹿ーっ!!」

    初春「(泣いてる佐天さん可愛い)」

    引用元: ・佐天「第四……波動……か」

    【佐天「第四……波動……か」(前編)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2: ◆oDLutFYnAI 2010/03/26(金) 23:56:14.08 ID:v9aJaL6H0
    前回までのあらすじ。
    敵ニードレスによって学園都市に時空移動させられた左天さんを見つけた佐天さんが
    なんやかんやあって左天さんの死と引き換えに左天さんのフラグメントを手に入れて
    その能力を練習しつついろいろなことに首をつっこんでいくというお話。ちなみに、基本
    「原作ストーリーにこの佐天さんが混じっていったらどうなるの?」って感じで話が進んで
    おり、今は一方通行編。割と俺設定みたいなので、熱を自信の肉体に吸収すると身体
    能力が一時的に向上するという特性があるのと、能力を使っている間だけ左天さんの
    腕についてる金属みたいなのが現れるという設定があるんだ。でも形はブレスレット
    みたいな感じ。だってその方が可愛いもの。ちなみに、身体に熱を吸収し発散しきれなかった
    場合の副作用として欲情するというものがあるけどなんでこんな設定つくったんだろう。


    引用元: ・佐天「ストリームディストーション!」

    【佐天「ストリームディストーション!」】の続きを読む

    このページのトップヘ